はたのおと2011 in 宿毛市

高知県西南部に位置する幡多(古くは波多)地域。この幡多の文化や自然にはまりこんでいる変なひとたちによる研究発表会「はたのおと2011」を開催しました。高校生から70歳代の方まで100名以上の方々が来場され,皆さんスルドイ質問を投げかけていました。
  • 月 日   
2011年2月11日(祝金)
  • 時 間
12:30 受付
13:00-18:00 発表会
19:00-21:00 懇親会
21:00-02:00 飲み会
  • 会 場
宿毛文教センター 高知県宿毛市中央2-7-14
  • 開会挨拶
中西 清二 市長(宿毛市)
<第1部> 幡多を訪れて研究するひとたち
林田 晋典(高知大/理) 松田川河口に出現する稚魚
河口 拓紀(高知大/理) 河川の蛇行部に形成される淵と魚類
山﨑 拓郎(近畿大/農) 海洋レジャーへの転換とその持続性
高木 基裕(愛媛大/南水研) ルリヨシノボリの遺伝的多様性
八木 和美(法政大) 地域の内発的発展における環境NPOの役割

<第2部> 幡多にすみ地元を探求するひとたち
四万十高校自然環境部(四万十町) 四万十川流域のアミカ科幼虫
木村  宏(宿毛市/野鳥の会) カワウ・ウミウ 幡多の鳥たち
川村 慎也(四万十市/教育委員会) 考古学からみた幡多
平野 三智(四万十市/四万十楽舎) 四万十の美味いもんすごいもん
神田  優(大月町/黒実センター) 柏島における藻場の変化
岩瀬 文人(大月町/黒生研) 四国におけるサンゴの種苗生産
浜口 和也(土佐清水市/竜串センター) 竜串のウミウシたち
山下 慎吾(宿毛市/魚山研) 幡多の流域、瀬淵の名前
  • 開催支援
司 会:畠中 智子
時 計:戸梶 優希
おやつ:多田 さやか・遠近 知代
記念品:宮崎 聖
会 場:黒田 厚・上村秀生・栗木裕史(宿毛市)
懇親会:国民宿舎椰子
  • 主 催
持ち寄り地図ネットワーク/魚と山の空間生態研究所/宿毛市
  • 後 援 
( in alphabetical order )
  • はたのおと2011はトヨタ財団の地域社会プログラム助成を受けて開催しました。記して謝意を表します。