2011‎ > ‎

hayashida



林田 晋典 HAYASHIDA, Yukinori 
高知大学理学部 理学科 海洋生物学研究室 所属 

高知市在住。兵庫県神戸市出身。卒論で松田川と蛎瀬川の河口域の魚類相について執筆中。

[発表要旨]

高知県宿毛市松田川感潮域に出現する魚類–蛎瀬川と比較しながら– 

 松田川は1999年以降, 魚類調査が行われていない. 本研究では2010年9月末から2010年11月末にかけて,松田川の感潮域における魚類の出現状況を調査した. また,松田川と黒潮町の蛎瀬川で曳き網による定量調査を行い, 両河川の結果を比較した. 
 その結果, 松田川では高知県レッドリスト掲載種10種を含む7目16科46種を確認し, そのうちマサゴハゼやアシシロハゼなど20種は松田川初記録であった. 定量調査では松田川で7目16科42種の合計725個体, 蛎瀬川で7目17科34種1221個体を採集した. 
 松田川大橋付近に設置した定点2では松田川の他の調査地点と比べ, 最も多くの種と個体数が採集された.これは定点2の周辺に隠れ家となるものが多く見られたためであると考えられる. また松田川のミナミヒメハゼの出現率は約1.2%であったが, 蛎瀬川は約35.7%であった. これはミナミヒメハゼが好む砂泥底が蛎瀬川の調査地点のすべての地点でみられたのに対し, 砂泥底は松田川の調査地点の一部にみられたためであると考えられる.
Comments