[2012 発表要旨]












中村こども劇場 Nakamura Kodomo Gekijo

なかなか生の舞台劇、音楽に触れる機会の少ない幡多地区でこども達に鑑賞の機会をと1982年に発足、会員制にすることで定期的に舞台の鑑賞を行っています。また、自然の中での活動も行い、こども達と楽しんでいます。

[ 発表要旨 ]

子ども、文化、自然を通して社会を見つめる

 中村こども劇場は、幡多の子どもたちに本物の舞台劇をみせたいという思いで、子を持つ母親たちが集まってつくり30年を迎えた。
 活動は、舞台鑑賞と自主活動の2つの柱で構成。文化的なものに触れることが少ない地域で、総合芸術である舞台からさまざまな感性を受けることを目的としている、また、自主活動では、主に自然体験を通じ、地域の人との交流や、環境、食についての大切な基本を学ぶ。この2つの体験を通じて、小さな種が豊かな実をつけることを願い、人間育成を 親子で楽しみながら行っている。