[2013 口頭発表 要旨]










谷渕 悠 TANIBUCHI, Yu
池上 和香奈 IKEGAMI, Wakana

私たち幡多農業高校は、別称「アグリパークはたのう」と言われるように、活動内容は多岐に渡ります。その活動の一部を、そっとお見せいたします。高知県西部唯一の農業高校は、実は結構面白いんです。 

[ 発表要旨 ]

初めまして。アグリパークはたのうです。

 高知県立幡多農業高校は、高知県西部唯一の農業高校です。園芸システム科、アグリサイエンス科、グリーン環境科、生活コーディネート科の4学科で構成されています。それぞれの科が、「目の前の命」を通して様々なことを学習しています。植物を育て、家畜を養い、山を守り、衣食を大切にする心を養うことで、生徒は3年間の間に驚くほど成長します。また、日々共に汗をかき、泥だらけになることで生まれる信頼関係は、教員も生徒も関係なく、「はたのうファミリー」とも呼ばれます。
 「農」を学ぶ、ということ以上に「農」を通して学ぶことが本当に多く、そこが幡多農業高校の魅力なのかもしれません。本校にはたくさんの魅力ある施設、魅力ある取り組み、研究内容がありますが、今回はそこまで紹介しきれません。ぜひ、一度古津賀の山の上の学校まで足を運んでみてください。