[ 2014 口頭発表 要旨 ]

笠貫ゆりあ KASANUKI, Yuria 

環境省土佐清水自然保護官事務所 アクティブレンジャー

学生時代、イルカやハリネズミなど野生動物の調査や研究を通し、自然や野生生物の面白さを知る。自然と関わりながら、それらの魅力を多くの人に伝えたいと感じ、昨年から土佐清水のアクティブ・レンジャーに!

秋山祐貴 AKIYAMA, Yuki 

環境省土佐清水自然保護官事務所 自然保護官

1987年に静岡で生まれる。高校時代、砂漠地の緑化など環境問題に興味を持ち、林学を学び自然に関わる仕事をしたいと環境省レンジャーへ。前任地は大山隠岐国立公園で大山蒜山地域を担当。平成26年1月から足摺宇和海国立公園のレンジャーとして日々現地の自然を勉強中。 

[ 発表要旨 ] 
国立公園を楽しもう!おすすめスポット

 国立公園とは、日本を代表する自然の風景地である。全国に30カ所あり、日本の国土の約5.5%を占めている。この幡多地域も海岸沿いを中心に足摺宇和海国立公園に指定されており、今回はこの公園のおすすめスポットを紹介する。
 まず、足摺地域は、足摺岬の展望台からの景色が有名だが、天狗の鼻から灯台を眺めたり周囲を歩いて散策するのもおすすめである。また、白皇山にはヤッコソウと言う珍しくかわいらしい植物も見ることができる。 大岐の浜は、美しい海と砂浜で多くのサーファーも訪れているが、隣接する園地でもマイヅルテンナンショウなど季節毎の植物や鳥など陸の自然も楽しめる。最後に美しいサンゴが広がる竜串は、サンゴを守るための様々な取組が行われており、生痕化石など古代の生きものが残した自然のアートも見物である。
 今回紹介したスポット以外にもまだまだ沢山の見どころが国立公園には溢れている。ぜひ国立公園を楽しんでほしい。