[ 2017 ポスター発表 要旨 ]
ロードキル問題
林 秋美(四万十高校)

 ロードキルとは、人間を含む交通事故死のことです。本研究では、対象を野生の哺乳類としました。ロードキルは野生動物が車道を横断する際に起こります。そこで、野生動物が道路下の水路(山から出る沢水を排水するためのもの)を利用できればロードキルを減らすことができるのではないかと考え、調査を行うことにしました。調査範囲は、四万十町大正・四万十高校前~北ノ川の国道381号線沿いとしました。水路の調査を行うと、水路は32本あり、様々な形があることがわかりましたが、そのまま野生動物が利用できそうな水路は1つしかありませんでした。また、ロードキルの発生件数を調べてみると、平成28年4月~10月の間で19件の事故があり、動物種別でみるとタヌキが最も多いことがわかりました。ロードキルは、一般的にはスピードが出る直線の道路や見通しの悪い急カーブの出口で多いそうですが、R381では水路の近くで事故が多いことがわかりました。そこで、実際に動物が本当に水路を利用するのかを確かめるために、2本の水路に自動撮影カメラを設置してみました。その結果、2本の水路で合計134回動物が映っていました(3月7日~5月14日)。映った動物は、タヌキ、ハクビシン、イタチ、ノウサギ、シカでした。水路の回りをうろうろしたり、確実に水路を通って移動したりする様子が記録されていました。このうち、動物によって足が水に濡れても平気な種類と、そうでない種類など、水路の利用の仕方に違いがあることがわかりました。この研究を通して、多くの動物が水路の周りで生活をしていることがわかりました。同時に、水路を移動経路として利用してもらうには適した水路が少なすぎること、足が濡れないような工夫(石をくむなど)が必要なこともわかりました。


ひとりホネホネサミット
大谷 海明(四万十高校)

 高校1年の時、高知で開催されたホネホネサミットという骨好きが集うサミットに参加したことがきっかけで、骨のことに興味を持ち始めました。私が手始めに取りかかった生きものは、ロードキルに遭ったタヌキです。タヌキはもうすでに先輩たちによって解体され、骨にされていました。そこから、私は先生と試行錯誤しながら骨に関する資料をネットや書籍などを参考にし、骨格標本を組み立てあげました。タヌキが複数の箇所にわたり骨折していたということと、私にとって初めて経験する作業というのもあり、約半年ぐらいの歳月を要しました。夏を迎え、私は友達から道で亡くなっていたアオダイショウというヘビをもらうことができました。私は早速先生や友達、後輩と理科室で解剖を始め、皮や内臓を取り除き、肉を骨から取り除きやすくするために鍋に入れて15分ほど煮る作業に入りました。後処理としては、肉を柔らかく分解することができる以外に脂を除いてくれる役割をもつポリデント(入れ歯洗浄剤)を使いましたが、ポリデントに漬ける時間が長すぎて骨がもろくなり、最終的に骨がバラバラとなり、失敗しました。このことから、ポリデントの時間調整と肉の取り過ぎに注意しなければならないということを学びました。今後の活動として、生きものが生存していた証拠となる骨格標本を作り続けたいと考えています。また、私は生きものの写真も撮っています。骨格標本の作製や写真など、いろいろな角度から生きものの面白さを多くの人に知ってもらいたいです。


長期観察からわかった高緯度サンゴ群集域におけるミドリイシ類の複雑な産卵パターン
目崎 拓真(黒潮生物研究所)

 四国西南海域における有藻性イシサンゴ類(以下サンゴ)の産卵パターンを明らかにするため、2005-2016年の6〜8月頃にかけて可能な限り毎晩のように潜水調査を行い、サンゴの産卵日、時刻、産卵状況などを記録してきた。今回はサンゴの中で最も繁栄したミドリイシ類の産卵パターンについて報告する。調査の結果、四国西南海域のミドリイシ類は下弦から新月頃にかけての産卵が多かったが、その他に満月や上弦頃などほとんどの月相で産卵することがわかった。通説としてサンゴは「満月の大潮に一斉に産卵する」と広まっているが、四国西南部のミドリイシ類の産卵パターンは通説より複雑であることが明らかになった。


日本産宝石サンゴ類の資源保護を目的とした移植放流手法の検討
中地シュウ(黒潮生物研究所)

 「海の宝石」として知られる宝石サンゴ類は黒潮流域の水深約100~300mに生息し、沖縄、高知、和歌山、小笠原などで漁獲される。なかでも高知県沖は品質の高い宝石サンゴを産する世界的な漁場として知られており、珊瑚網と呼ばれる伝統的な漁具・漁法による採取が今も行われている。近年、海外市場での需要の高まりとともに宝石サンゴ類の価格は高騰しており、国内での取引量は増加傾向にある。このため、過度の採取による資源減少が懸念されており、漁獲制限を主とした資源管理が進められている。しかし、資源の持続的利用を行うには漁獲制限に加えて、人工増殖等により積極的に資源の保護増殖を図る必要があると指摘がある(岩崎・鈴木 2008)。宝石サンゴ類の人工増殖にあたっては人為的に群体を断片化し、それを海域に移植放流して成長させるという、いわゆる「移植」が有効だと考えられる。日本産の宝石サンゴ類の移植については1900年代に試験的に行われているが(長棟、1918:久野、1922)、技術の確立には至っておらず、国内では資源の保全活動として宝石サンゴ類の移植が行われた事例はこれまでなかった。  高知県の宿毛湾地域では2015年から漁業者・業界関係者等による日本産宝石サンゴ類の資源保護に向けた活動が行われている。その一環として黒潮生物研究所が土佐清水沖で採取された天然群体をドナーとして用いたアカサンゴの移植放流手法(ドナー群体の飼育法,移植片作製法,人工基質を用いた海域への放流手法)の検討と開発を進めている。これにより表層海水を導入した水槽システムにより、ドナー群体を移植放流までの期間(1ヶ月~1年程度)飼育することが可能であること、漁獲された天然群体の比較的価値の低い枝先部分を利用して移植片の作製が可能であること、小型コンクリート漁礁を基質として用いることで、比較的低コスト・低労力で移植放流が行えることなどがわかった。これらの一連の手法の有効性を検証するため、漁業者が行う保全活動に合わせて移植放流試験を実施している。高知県西部の禁漁区域(水深約105m)において2016年1月にアカサンゴ移植片5群体を移植放流し、その約6ヶ月後に引き上げて観察した結果、放流移植片のすべてが生存し、その多くで軟組織の成長が認められることを確認した。この結果から、無性生殖による移植放流によってアカサンゴを増殖させることは技術的に可能であると考えられた。今後研究が進むことで手法が確立し、移植放流活動が継続的に実施されるようになれば、効率的に資源を増やすことに繋がる可能性がある。また、禁漁区域への移植放流により、地域個体群の消失や資源の枯渇を防ぎ、また移植群体が成長し、再生産することにより、周辺漁場の資源増加につながることが期待される。(本研究は宝石珊瑚保護育成協議会、日本珊瑚商工協同組合の支援、およびすくも湾漁業協同組合等の協力を受けて行った)


川を見守るための拠りどころ-黒尊川の地形調査-
松熊修吾ほか(西日本科学技術研究所)

 四万十市西土佐の黒尊川。手つかずの水際や河床の瀬・淵・砂州など、川本来の地形が今もたくさん残され、暮らしや遊び、学びとも結びついて魅力ある景観が生まれています。 川の地形は、流れによる浸食と堆積作用のバランスにより保たれていますが、河川工事などでこれが乱れると、元の地形に戻らなくなることもあります。 この調査では、川のなかを約20km歩いた現地踏査に加え、川に沿って暮らしてきた地元の方々との対話、近自然河川工法の知見を活かした整理を繰り返し行った結果、黒尊川らしい特徴的な地形が108箇所抽出されました。それらを地形の成り立ちからパターン分けして図化し、流れの作用のバランスのために保全すべき“地形骨格”を図示しました。 この成果は、河川工事のよりよい方法を考えるときの資料になりうる、また、工事後の状態を見守っていくうえでの拠りどころとなる可能性にも期待しています。


剣山から幡多へ連れて行かれたツキノワグマたち
川村慎也(四万十市教育委員会)・谷地森秀二(認定NPO法人四国自然史科学研究センター)

 平成28年12月16日、四万十市立郷土資料館の収蔵庫で、ツキノワグマの剝製を見つけました。資料館に残っている記録を調べたところ、資料館への受入日は「昭和50年3月」で、「徳島県の四国山脈中で捕えられて為松公園で飼育されていたが胃カイヨウで死亡したもの。5~6才とおもわれる(雌)」という情報が出てきました。 昭和45年3月29日の高知新聞に「中村公園(為松公園)にクマ2頭 青年会議所のプレゼント」という記事がありました。その記事によると「昭和44年7月に、高知営林局が四国山脈の剣山で生捕りにした雌と雄の2頭を中村青年会議所がもらい受け、中村市古津賀の木材団地で飼育していたが、昭和45年3月28日に同公園中ノ森段の“子供の国”に鉄製のオリをつくって移した。」とありました。今回見つかった剝製は、このうちの雌の個体を標本にしたものと思われます。もう一頭の雄が、どうなったかが気になります。